FC2ブログ

記事一覧

革細工!

kawa037.jpg
kawa036.jpg

ニシキゴイ

泳ぐ宝石と称される錦鯉は2004年(平16)10月23日の新潟県中越地震で被災した今の長岡市、小千谷市にまたがる地域で19世紀の江戸時代後期に誕生しました!
雪深いこの地域では冬場のたんぱく源として、古くから食用の黒いマゴイを飼う習慣があり、まれに突然変異で色の付いた稚魚が生まれていました! それを観賞用として交配するようになったようです!
明治時代、ドイツから交配用のコイを輸入するようになると品種改良が進みます!
1914年(大正3)東京、上野で開かれた博覧会に出品され、後に昭和天皇となる皇太子が気に入られたとのエピソードが報じられると、全国に知られるようになりました!
ニシキゴイの名が定着したのは戦後で、それまでは「変鯉」「色鯉」などと呼ばれていました!
明治時代には「色鯉」は「色恋」を連想させるとして新潟県議会で軟弱だと問題にされ、県から飼育禁止令が出されたことがあったそうです!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

howlongharley

Author:howlongharley
静岡県御殿場市の理容室「ヘアーサロン・ナガサワ 」店長のブログです!