FC2ブログ

記事一覧

革細工!

kawa044.jpg
            がんもどき

豆腐にゴボウやニンジンばどの具を練り込み油で揚げた「がんもどき」!
おでんの具などとして親しまれていますが、戦国時代に伝来したポルトガルの揚げ菓子「フィリョース」が起源です!
この菓子は小麦粉の生地を油でカラッと揚げ、当時日本で大変貴重だった砂糖をかけたもので、ドーナッツのような甘い味でした!
江戸時代に日本各地に普及した際に豆腐やゴボウなどを用いた精進料理の一つへと様変わりしました!
がんもどきの名は、食べた感じや見た目が雁の肉に似ていることから江戸で定着しました!
京都や大阪の関西圏では「飛竜頭」(ひりょうず)などと呼んで、「フィリョース」の名残だとみられます!
かつては、コンニャクを揚げたがんもどきという料理もあったようですが、今は存在しません!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

howlongharley

Author:howlongharley
静岡県御殿場市の理容室「ヘアーサロン・ナガサワ 」店長のブログです!